【ミニコラム/ギューデ社#1】世界に名だたる刃物の街ゾーリンゲンにあるギューデ社

ギューデ社は1910年創業の老舗ナイフメーカーです。刃物製品で有名なゾーリンゲンという街中に会社があります。ゾーリンゲンは中世の頃より刃物を作る街として栄えてきました。現在でも大小1,000を超える刃物メーカーが軒を連ねています。日本ではヘンケルスやツヴィリングが有名ですがギューデ社はドイツでは高級ナイフメーカーとして知られています。国内のみならずヨーロッパやアメリカでも広く使われ世界中にファンがいます。日本では2012年9月より当店が総輸入元となっています。

ドイツギューデ社
 

≪ギューデ社の魅力≫
現在刃物の生産は機械化され大量生産が主流のなかギューデ社は鍛造から研磨まで40工程以上をすべてを手作業で行っています。そのため1日に製造できる本数は300本ほど。熟練のナイフ職人が1本1本丁寧に作り上げています。使われているステンレスはドイツ鋼と呼ばれるもので近くのジーガーラントから採れる鉄鉱石を用いています。工場で働いている社員は30名ほどの小さな会社ですが高品質の製品を作っているところは日本の中小企業のものづくりに共通していると思います。

ドイツギューデ社

 
≪ギューデ社のロゴ、なぜヤシの木?≫
アルファシリーズのブレードやオリーブシリーズなどのリベット部分に南国でもないのになぜかヤシの木がついています。これは本社に行ってみて初めて分かりました。ヤシの葉はくり抜いたブレードの残りだったのです。くり抜かれたブレードは刃になるというオチ。

ドイツギューデ社
 


≪ギューデ社の現オーナーDr.Bornさん≫
現在創業者のひ孫にあたるペーターさんがオーナーを務めています。とても気さくな方でいつも快く迎えてくれます。

ドイツギューデ社
 
 

ギューデ社のPR動画です。ナイフの製造工程が見られます。
(字幕がなくドイツ語での視聴になりますが見ごたえ十分!是非ご覧ください)
 

ギューデ社の商品はこちら↓

Guede die Messer



 
【お取扱店募集中!】
ギューデ社のキッチンナイフを卸売りいたします。
詳しくは下記までお気軽にご連絡ください。
shop@leafandmoon.shop-pro.jp
 
 
 

 

 
 

 

カテゴリーから探す

カテゴリーから探す